カテゴリー: 記事 (1ページ目 (2ページ中))

クールビズの着こなし

クールビズの着こなしは、人によってはクールビズになってないのではないかというような服装の人もいます。例えば、上着だけ脱いでシャツとネクタイとスラックスという服装の人では、あまりクールビズの言葉には当てはまりにくいと思います。ポロシャツやチノパンなどが夏の軽装のイメージだと思います。またスニーカー通勤も国が推奨していて、スニーカーに合う軽装ですとやはりポロシャツとチノパンという服装が合うかと思われます。そしてスラックスなどの色も注目した方が良いでしょう。黒よりもグレーなど少し黒から離れた色の方が涼し気に感じることができます。夏場の軽装では少し薄めの色のものを着用するとよいかと思います。シャツを着る場合は無地の白のシャツよりも線などが入った模様付きのシャツの方が少しおしゃれな感じに見えるので、シャツも考えて着ましょう。

ビジネスファッションの基本

ビジネスファッションの基本は、スーツのお手入れを毎日きちんとおこなうことです。まずスーツは3着用意することです。毎日同じものを着ていては、スーツが早く傷んでしまいます。3着をローテーションするようにすると長持ちします。

次は帰ってからのお手入れです。まずブラッシングしてスーツについたほこりを落とします。そのままにしていると繊維の中に入り込んでシミの原因になったりしてしまいます。そしてスーツに合ったハンガーにかけます。スーツに合ったものでないと型崩れしてしまいます。忘れがちですが、ポケットのなかのものも全部だします。これも型崩れの原因になってしまいます。

スチームをあてて、シワを伸ばすだけなくアイロンの熱でスーツについた虫や虫の卵は死滅して、除菌効果もあります。この一連の手入れを怠ると、スーツの痛みは早くなります。日々のお手入れがビジネスファッションの基本です。

スーツとスニーカーの合わせ方とは

スーツに革靴、というのが、長い間のビジネスファッションの基本だったわけですが、最近、スーツにスニーカー、というファッションでビジネスに臨む方が増えてきました。しかし、スーツにカジュアルなスニーカーを合わせると、ちぐはぐになってしまう可能性があるため、スニーカー選びは慎重に行うべきです。どのように選ぶべきなのでしょうか。
まず、スーツをスニーカーに合わせる、という選択肢があります。スーツを暗い色のものから明るい色のものに変えることで、スニーカーとのちぐはぐさがなくなり、よくマッチした見た目になります。また、暗い色のスニーカーを選ぶ、というのも、一つの選択肢です。
スニーカーは足ですから、スラックスとの親和性が何より求められます。ですから、スラックスの色や生地も、しっかりと合うものにするべきです。スポーティなスニーカーには、スラックスがあまり被らず、綺麗に見えるようにしましょう。
ぜひ、スーツとスニーカーを合わせられるようにしましょう。

経営者がオーダースーツを着るべき理由

人を見た目で判断しないとよく言われますが、見た目で印象を左右されることはよくあります。ですから経営者は既製品ではなく、オーダースーツがおすすめです。

経営者がオーダースーツを着る利点は、取引先や顧客に与える印象が格段に良くなる点です。

自分の体にほどよくフィットしたジャストサイズに仕立てられたオーダースーツは、おしゃれで清潔感を与えます。また高級感のある生地を使用して仕立てていあると、経営者としての風格を感じさせます。

社員に与える影響もあります。

トップがスーツに気を配っていなければ、その気の緩みは社員にも伝わり、全体的にスーツに気を遣っていない会社になってしまします。トップが上質なオーダースーツを着用していると、社員の見る目も違ってきます。

自分自身に与える影響もあります、自分に合った上質なものを身につけていると、それが自信につながり、仕事にも影響してきます。

スマートカジュアルにぴったりのアイテムと着こなし方とは?

堅苦しくなく、かといってカジュアル過ぎない装いがスマートカジュアルです。スマートカジュアルに必要なアイテムには、ジャケット・シャツ・パンツ等があります。

特に欠かせないのはジャケットで、カジュアル感のあるものを選ぶのがポイントです。また、シャツは仕事で身に付けるビジネス用よりもお洒落な雰囲気のものを選ぶようにしましょう。

スマートカジュアルでお勧めの着こなし方としては、上下で素材や色を変えるコーディネートが挙げられます。

シューズもビジネスシューズより堅苦しさがないものを選ぶと最適です。ネイビーやグレーといった定番の色は、無難にまとめることができます。

個性を出したい時には明るめの色を選ぶのが効果的ですが、あまり派手過ぎる色は避けた方がいいでしょう。

入社式のスーツを選ぶときのポイント

入社式にスーツを着ていかなければいけないけれど、どのようなスーツを着ていけばいいかわからない、という方は多いです。この文章では、入社式で着るスーツの選び方について解説していきます。
そもそも、入社式にはスーツで参加しなければいけないのでしょうか。平服で構わない、もしくは服装自由などの記載がある場合、スーツでなくてもいいかもしれませんが、心配な方はスーツで臨みましょう。
入社式のスーツは、就活で使っていたリクルートスーツで特に問題はありません。また、新しく購入したいという方は、3~5万円ほどのスーツを選ぶのが無難です。
スーツの色は、ブラック、ネイビー、グレーが基本です。最も着やすいのはブラックですが、自分に合ったものを選ぶのが一番です。サイズはもちろん体型に合ったものを選ぶべきです。
適切なスーツで、良い入社式にしましょう。

オーダーシャツの生地選びのポイント

自分好みのシャツを作ることができるオーダーシャツは、生地選びから自分の思うままにできることが魅力です。しかし、実際に生地を選ぶ際に、迷う方は多いです。この文章では、オーダーシャツの生地選びのポイントを紹介します。シャツに使用されている生地には、フォーマルなものからカジュアルなものまで様々あります。代表的な生地の種類と特徴を解説していきます。
ブロードは上品な光沢があり手触りもよく、ビジネスでよく用いられる生地です。ツイルは厚手で立体感があり、インナーが透けにくく、ストレッチ性が高いため、シワができにくいです。オックスフォードは荒い織り目が特徴的で厚い割には通気性が良いため春や夏のシャツとして使われやすいです。カジュアルな印象を与えることができます。ドビーは光沢のある模様が特徴的です。サテンは細かく艶があるため、華やかなシーンで着られることが多いです。コーデュロイは光沢感があり、厚めの生地で保温性があるため、秋冬のシャツによく用いられます。フランネルは保温性が高く、カジュアルな印象を与えることができます。着用シーンに合った生地を選ぶことが重要です。

オフィスのペーパーレス化とはプランニング

世の中の大きな流れがオフィスのペーパーレス化へとシフトするなかで、そのタイミングをはかっているという事業主さんも少なくないかもしれません。

実際にオフィス内のペーパーレス化に取り組んでいらっしゃる方は実感されているかもしれませんが、すべての機能を一気にペーパーレス化にシフトしていく事は、大きなリスクを抱えることにもなりかねませんし、そのようなペーパーレス化は事業所の大きな損失を生む可能性さえ秘めているかもしれません。

まずは業務における全体像を見極めながら、どのようなペーパーレス化が適切であるのかといったプランニングを打ち立てることが先決となるでしょう。ある日、出社した社員がオフィス内の様変わりに驚くようなペーパーレス化ではなく、社員全体に周知されたうえでの段階を踏んだペーパーレス化が求められるとされています。

オフィスのペーパーレス化は、ある日忽然と社内からコピー機が排除されたり、FAXが消えてしまうようなものではないようなのです。

デジタル化と企業の命運

オフィスのペーパーレス化は、その規模によっては絶大な高価を生み出すこともあるようです。

オフィスのペーパーレス化は、コピー機の用紙の使用率を削減させることからのコストカットが生まれるだけではなく、たとえば取引先との契約手続きを紙ベースから電子契約に切り替えるだけで印紙税の削減につながるようなのです。

実際にすでに取り組んでいる企業では、大きな金額を扱う取り引きであればあるほど、その印紙税に大きな反響が得られるわけであるようです。

ペーパーレス化のシステムの導入によって、今後、各企業を取り巻く環境は大きな変化を迎えるのかもしれません。

そこには各企業の生き残りとしての命運が託されているのかもしれません。

ネクタイピンの種類と使い方のマナー

ネクタイピンとは、ネクタイをワイシャツに留めるためのアイテムです。

種類は様々なものがあり、2本のバーで挟み込んで使うタイバー、針状のピンでネクタイを刺し裏側の金具で留めるタイタック、挟み込んで使うナロータイに使える小型のショートクリップ、頭とピンに装飾用のヘッドがついていて礼装に用いられるスティックピンがあります。

それぞれ使い時にマナーがあって場面にあったものを選びます。ビジネスシーンで使う時には派手なものはマナー違反になってしまいます。そのため、シルバーなど無難なものを選ぶように心がけます。

結婚式では華やかな場所ですので、積極的に使用するとおしゃれな雰囲気が演出できます。葬儀では黒色などの地味なもの、または真珠がついたものを選ぶのがマナーとなっています。

« Older posts

Copyright © ビジネスコラム SILVER! All rights Reserved.

上へ ↑