CPUは、パソコンの心臓部となっており、その性能で作業効率が大きく変わってくるので、CPUがどのメーカーを使っているかを確認するのは大切です。

おススメは、アメリカのコンピューター企業であるインテルです。

最大手ともいえる企業なので、信頼性が高く、CPUも高性能なのが魅力的なのが特徴。

インテルのCPUを使っているパソコンを使えば、動画編集や重いファイルをアップロードするなどの処理でもスムーズにパソコンが動いてくれます。

ただ、先述のメモリの性能と同様で、CPU性能が高くなればなるほどパソコンの価格は高くなります。

動画編集などの重い作業をしないのであれば、高いCPUを備えているパソコンを無理に買う必要はありません。

自分がノートパソコンを購入して何がしたいのかをよく考えてから、CPU性能を選びましょう。