デジタル化と企業の命運

オフィスのペーパーレス化は、その規模によっては絶大な高価を生み出すこともあるようです。

オフィスのペーパーレス化は、コピー機の用紙の使用率を削減させることからのコストカットが生まれるだけではなく、たとえば取引先との契約手続きを紙ベースから電子契約に切り替えるだけで印紙税の削減につながるようなのです。

実際にすでに取り組んでいる企業では、大きな金額を扱う取り引きであればあるほど、その印紙税に大きな反響が得られるわけであるようです。

ペーパーレス化のシステムの導入によって、今後、各企業を取り巻く環境は大きな変化を迎えるのかもしれません。

そこには各企業の生き残りとしての命運が託されているのかもしれません。